FX経験者向け

2015.12.08   FX経験者向け

FXトレーダーの「思考」が相場をつくる

 

みなさま、こんにちは!

 

EDGEコミュニケーションの富盛です。

 

今日は、「FXトレードで思考は現実化

するか?」のパート2です。

 

ある程度、トレードをやっておられる

方であれば、「人」が相場をつくって

いるというのって

 

なんとなく、感じませんか?

 

「日銀が金融緩和した」からドル円

が買われたのではなく、先に「ドル円を

買いたい」人が多く、その 時に

「日銀が金融緩和をした」という事実

が出てきたので

ドル円を買いたい人は、それを根拠

として「自分の判断が正しい」と思い

ドル円はいっせいに買われはじめた。。

 

相場の形成の仕方というのは、大体

このような形であり

 

「日銀が金融緩和した」とか「FRBが

利上げした」とかいう事実は、実は


相場を動かす要因ではありません

相場の動き方は、「日銀が金融緩和

をしたという事実」を受けとった

トレーダー「どのように考え、感じ、

またどのように行動するか?」で決まります。

 

「日銀が金融緩和をした」という事実を

アジアのトレーダーが好意的に受け止め

れば、ドル円は上昇し、

一方で、欧州のトレーダーが否定的に

受け止めれば、ドル円は逆に売られる。

 

アジア⇒欧州⇒NYで時間帯が変わる

毎に相場の動きが変わるのは、

「同じ事実」をとっても、それをどの

ようにトレーダーが解釈するかで、

動きが変わるからです。

 

まあ、当たり前といえば当たり前ですが

トレードするのは我々人間であるので

 

私やあなたを含む、すべてのトレーダー

の「思考」が相場をつくります。

 

よって、まとめ的な感じになりますが、

一つ一つのニュースを追うことに、それ

ほど意味はなく

ニュースを受けたトレーダーたちが、

「どのように考え、行動するか」を

あなたは丹念に追う必要があり、


それが、チャートを見るということに

なります。

その結果、相場の多数派と同じ動きを

することができあなたはトレードで勝つ

ことができるようになります。



最後までお読み頂き、ありがとうございました

ページトップへ矢印