ドル円が、139.500円台を超えてきました。

相場はここ2か月、あまり目立った動き
がありませんでしたが、そろそろ
動いてきたかな?

というところです。

今日は、現在のドル円を例に、

今後のドル円の予測の仕方に

につきお話ししたいと思います。

以下、日足の移動平均線を表示させた
チャートです。

オレンジの〇では、ローソク足陽線(赤)
が連続して出ています。

陽線が連続しているのは、

ドル円を買いたい人が多い

状態を意味します。

*ローソク足については、以下の
動画をご参照ください。

https://youtu.be/bDrSzBwHdPw

また、現在のドル円は、

日足の移動平均線が

3本とも上向きになっています。

移動平均線というのは「価格の
平均値」を一本の線にした
ものですが、以下の特徴が
あります。

5日移動平均線が上向き
:この5日間の投資家の売買傾向は「買い」

20日移動平均線が上向き
:この20日間の投資家の売買傾向は「買い」

50日移動平均線が上向き
:この50日間の投資家の売買傾向は「買い」

*移動平均線については、以下の
動画をご参照ください。

https://youtu.be/KLspXnYvdtA

そして、

上記の日足チャートでは、

3本の移動平均線がすべて上向き

なので、

短期(5日)・中期(20日)・長期
(50日)の投資家みな、

買い走っていることを示します。

以上、まとめると、

・ローソク足の陽線が連続し、

かつ

・短期(5日)、中期(20日)、長期(50日)
の移動平均線が上向き

というのは、ドル円で取引している
投資家が、みな

買いに走っている!

ことを意味します。

なので、結論としては、

明日以降のドル円は上昇する可能性が
高い

ということになります。

明日以降のドル円、上記のように

日足のローソク足と移動平均線

がどのようになっているか?

に注目してチャートを見てみて
ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA