ライフシフトFXでは、人生100年時代での「ゆったりした」トレードを目指
します。

今日は、ライフシフトFXでの「ゆったりトレード」がイメージがしやすい
実例をご紹介します。

まずは、以下のデータをご参照ください。


・40代会社員女性 Sさん

期間 :2017年1月ー2018年1月の1年間
軍資金:¥800,000
利益 :¥330,000
年利 :40%

Sさんは、2017年1月にスクールに入校し、1年間、ライフシフトFXを学びました。

その結果、


軍資金  80万は113万に増えました

(年利40%)

取引にかける時間は、1日30分未満、なので、工数とのバランスは充分よいですよね?

上記の表で、注目してほしいのは

・取引の多い月
・取引の少ない月

の比較です。

例えば、取引の多い月というと2017年4月末から5月末の1か月間です。

この月は、回数が多く、

・月16回で、利益は13万5千円。

ですが、翌月の5月末から6月末の1か月間は、

取引ゼロです。

このように、2か月間で、取引回数に差が出るのはなぜか?

それは、

相場の環境にあります。

わかりやすくいうと、

2017年4月末ー5月末は、トレンド相場だったので、取引回数も多かった。

一方で、その翌月は、トレンド相場ではなかったので、取引回数は
少なかった

ということです。

例を挙げて説明します。

2017年4月末、Sさんは、以下の通貨ペアで利益を出していました。

日足のオレンジの〇印が、Sさんが利益をとっていた期間とお考えください。

・NZDJPY     57,000円


・AUDJPY    ¥68,200


以上、2通貨ペア、すべて 日足の移動平均線が3本とも下向きになっていますので、ライフシフトFXでの「下落トレンド」に相当します。


ですので、Sさんは、この月は、トレード回数を多めにし、チャンスをつかみに

いった、ということです。

一方で、翌月の各通貨ペアの状況を以下、ご参照ください。

*右のオレンジの〇です。

・NZDJPY     ¥0

・AUDJPY    ¥0

以上、右のオレンジの〇印で、2通貨ペア共通して言えるのは、

日足はトレンドではない、

ということです。

なぜか?

日足の移動平均線3本がそろっていないからです。

ライフシフトFXでは、

日足の移動平均線は、3本とも同じ向きにそろっていないとトレンド

とはみなしていません。


ですので、Sさんは、ライフシフトFXの決まったルールに従い、取引をしなかった、

ということですね。

FXというと、

「いつもチャートを見なきゃいけない」
「常に利益を出さなくてなならない」

というイメージもあります。

ですが、ライフシフトFXは、

そのような、忙しさや焦りとは無縁で、相場の動きにあわせて、自分のペースで
ゆったりと利益を出すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA