今日は、スクールで「ライフシフトFX」を学ぶ人が、

・どのくらいの頻度(回数)でやっているか?

をお話しします。

以下の過去データ、2019年10月と少し古い
のですが、充分参考になるとおもいます。

どんな人?:52歳会社員女性 Aさん
期間   :2019年10月の1か月間
利益   :¥138,000
売上比率 :71%

Aさんは、今後の定年後の「人生100年のマルチステージ」を見据え、

・スキマ時間(1日30分未満)で
・年利30%以上

を生涯、「習慣」として稼ぎ続ける「ライフ
シフトFX」に
興味をもち,スクールに入校
学んでいました。

2019年の1月から学んでるので、10か月目ということになります。

このフォーマットは、スクールで使用している「ライフシフトFX専用」の取引フォーマットです。

既にこのメルマガでお伝えしているように、

「ライフシフトFX」は、「勝ち」「負け」という「感情がぶれやすい」言葉を使わず、

FXを「ビジネス」としてとらえるべく、

「勝ち」=「売上」
「負け」=「費用」

に言葉を置き換えています。

Aさんは、当月は、7回取引で、売上5回
費用2回で売上比率71%.

損益は、¥138,000でした。

7回の取引回数をもっと具体的に見てみると以下の通りです。

・10月第1週目  1回
・10月第2週目  1回
・10月第3週目    5回

この回数は、ライフシフトfxのやり方からは、妥当な水準です。

以下のポンドドルの日足チャートをご覧ください。

Aさんは、10月第3週は、

ライフシフトFXの考え方に沿い、

「日足の移動平均線は3本とも上向き=上昇
トレンド」だったので、
積極的にポンドや
ユーロの買いを狙っていた

ということです。

一方で、

10月第1週や2週は、

日足はトレンドではなかった

ので、取引回数は少なかったということです。

このように、忙しい会社員の方でも、

ライフシフトFXの考え方である

・日足トレンドのときのみ取引する

だけでも、「一定額以上の利益額」が
手に入ることはおわかりになるかと
思います。

一方で、

「10月第3週目は忙しくてエントリーできない場合もあるのでは?」」

と思う人もいると思います。

それはそれで全く問題なく、実際ライフシフトFXを学ぶ受講生も、その週は「台風の対応に追われ、取引できなかった」という人もいます。

でも、その人に「全く焦りはなく」、なぜかというと、

ライフシフトfxは「年間の利益」をベースにしているので、ある月、取引ができなくても全く問題ないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA