脳科学FX・心理学

2020.01.31   脳科学FX・心理学

極意:したいことを我慢せずにお金を貯める方法とは?

「自分の会社にお金が残らないのはなぜ。。」とこの3か月ほど考えています。

 

2015年7月に会社を設立してから、売上は右肩上がりなのに、「なぜか会社にお金が残らない。。」

 

費用も「考えて」使っているはずなのになぜ?

 

ほんと、狐につままれたような、七不思議でした。(笑)

 

そんなことをつらつら考えていた時に、友人の「投資を教えるFP」川畑明美さんの「社長のための財務諸表を読む」セミナーに参加して、

 

 

会社の数字をじっーっと眺め、その理由がよーくわかりました。

 

その理由、一言でいうと「経費の使い過ぎ」でした。(笑)

 

当たり前ちゃー、当たり前、

 

売上をいくら上げても、

 

売上ー経費=利益なので、経費がでかければ、そりゃー利益は多くならないですよね。

 

そう、こんなこと「頭ではわかっていたつもり」で、FXスクールでも、

 

勝ち=売上、負け=費用とし、「売上ー費用=利益」で最終的には「利益」を残すべし、という「公式」を導入しています。

 

この公式を脳にたたきこむと、FXでいわゆる「勝ち(売上)」を上げるには、ある程度「費用(負け)」を払う必要があるとの考えができあがり、

 

したがって、多少の「負け」も「売上を上げるための必要経費なんでやむなし」と思えてきます。

 

ところが、FXの公式と会社(ひいては個人)の利益を守るには、ベースは「同じ」なものの、「決定的な違い」があることがわかりました。

 

それは、会社の費用は、「使おうと思えばいくらでも使える」ということ。

 

当然、費用の上限は、売上の枠内にはなりますが、ここで、自分は決定的な間違いを犯していました。

 

「売上の枠内で費用を使おう。。」と。。

 

売上が月で200万なら「200万まで費用が使える」。。。

売上が月で300万なら「300万まで費用が使える」。。。

 

当然、「売上の上限まで費用を使う」のような愚かな行為はしていなかったですが(笑)

 

でも、頭の中で「今月の売上は先月より〇〇万増えているので、今月の費用は△△万くらい使ってもよいな。。」と「無意識」に思っていたの事実です。

 

この時に「利益を残す」という発想はまるでなく、

 

「売上があがれば上がるほど、費用も多く使ってもよい」と単純に考えてしまっていました。

 

当然、会社の事業を大きくするには、使うべきところにお金を使わないといけないのは事実ですが、でも、

 

「売上が上がれば、費用を使ってもよい」という話とはまるで別の話です。

 

と、己のバカさ加減にあきれていた時に、「パーキンソンの法則」を知りました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/パーキンソンの法則

 

この法則、知っている方多いと思うんですが、「仕事」と「お金」の2つあります。

 

まずは「仕事」:「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」

 

これ、思い当たる人多いと思います。

 

仕事の質は、「納期が長ければ良くなる」とは必ずしもいえなく、「納期が短いほうが良くなる」場合があります。

 

それは、脳が「締め切りを守るためにフル回転する」から。

(いわゆる「締め切り効果」です。)

 

で、この仕事の話しをお金に置き換えると、次の法則が出来上がります。

 

いわく、「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」。

 

この上記の公式を知って、「まさに俺のことだ。。。」と愕然とした記憶は今でも忘れられません。(笑)

 

このパーキンソンのお金の法則、どのような科学的根拠(脳科学?)があるのか知りませんが、

 

自分の場合、まさに「法則を実践していた」ので、根拠が無くても構いません。経験したので、「真実」だと思っています。(笑)

 

で、次に思ったのは

 

では「どのようにすれば、会社にお金が残るのか?」ですが、

 

この質問については、最近新しく契約した税理士事務所から、とてもよい本を勧めてもらいました。

 

「バビロンの大富豪」って本です。

https://www.amazon.co.jp/バビロンの大富豪-「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか-ジョージ・S・クレイソン/dp/4901423126

 

 

この本、本田健さんや、また「金持ち父さん」のロバート・キヨサキさんのネタ本でもあるみたいですね。

 

この本、なにがすごいかというと、

 

いわゆる、

 

「収入の十分の一を貯蓄し、残った分を使いなさい」

 

という資産形成の法則が、まさに「ぐうの寝が出ないほど」正しいもんだということが身に染みてわかります。

 

収入の十分の一というと、例えば、収入が30万の人は「3万」を毎月貯蓄し、年間36万を貯めるということ。

 

2年貯めれば、72万で、3年ためれば、108万。5年ためれば、180万。

 

余裕資金が100万を超えると「投資」資金としてはいい感じになってきますね。

 

でも、ここで多くの人が思うのは、「でも、支払いや欲しいものやあれやこれや。。。」ということ。

 

この点については、「バビロンの大富豪」、話がバビロンの商人の話で古く、実際例はないのですが、

 

欲求についていうと、

 

「欲求」は際限ないので、「つまらない欲求」にはお金使うな、

 

と書かれています。

 

さらには、

 

「十分の一を貯蓄しても、今までの生活への満足度はまるで変わらなく生活できる」とも。

 

確かに、欲求は際限なく、自分の場合で考えてみると、

 

それってお酒です。

自分はお酒が好きなので、毎晩飲んでますが、

 

飲む量を「ビール500ML 1本&カクテル2杯」から「ビール3501本」にしても、

 

今までの生活への満足感は変わらないだろうな~と予想できます。

 

とすると、当然、飲み代も減ってきますよね。

 

この本を読んで、自分は今後は会社の売り上げの一定程度をまず「利益」として確保し、資本を厚くさせ、残った分を「費用」とすることに決めました。

 

なので、費用はこれまで通り使えなくなるので、その「向け先」にも慎重さが求められます。

 

自分の場合、「交際費」の使い方にメスが入りそうです。(笑)

 

さて、以上の話、自分の会社の話を例にしてあげましたが、みなさんのお金の増やし方についても同じことが言えます。

 

収入 -  貯蓄 =支出に、考え方を変え、

 

貯蓄を投資でさらに増やしていくという考え方が今後の「金の卵」をつくるということですね。

 

その場合の投資としては、FX、断然 お勧めします。

 

ライフシフトfxの運用であれば、100万は2年4か月で200万になり、さらには10年後に1000万にすることも可能です。しかも、1日30分です!

 

無料体験のご参加、お待ちしております~!

https://officelevert.jp/free/

ページトップへ矢印