「スキマ時間」で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ資産運用型FXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

「思考は現実化する」~“未来思考”で自分の未来を変えて行こう!

      2016/08/11

みなさま、こんにちは!
EDGEコミュニケーションの富盛です。

今日は、一昨日・昨日からの
「FXで思考 は現実化するか?」の続きですが、
ちょっとタイトルを変えてみました。

まず、先に知って頂きたいことは、
「FXで思考は現実化する」といっても、
ポジションをもって
ドル円が上がると念じればドル円が上がる!とか、
そういうことではありません。

「思考は現実化する」というテーマでいいたいことは

「FXでは、今よりも未来を見据えてトレードすべき」

という事です。

「思考は現実化する」と色々な方が
色々な切り口で書かれていますが、
共通していえるのは、
「未来を変えたければ、
今の現実に目を向けるのではなく
自分の思考をまず変えなさい」

という事です。

今が仮に苦しい状況で、
例えば、就職が決まらない、
お金がない、人間関係がうまくいかない、
仕事が思うようにいかないとしても
「自分の思考は明るく、
よい未来を思い描くようにしなさい」ということ。

でも、これってまさに「言うは易く」でなかなか難しい。

例えば、こんなことないですか?

好きな人に振られたとしたら、
ずーっとひきずっちゃう。

また仕事が思うようにいかないと、
ずーっと、この状況が続くような感じがしたり。。

ほんと、、暗いトンネルをずーっとさまよう感じで
いつ出口があるの? などと感じてしまう。

でも、ここがふんばりどころで、
あえてピンチの時に
「よしきた、これはうまくいく兆しだ!」と
前向きに未来をむいて考えないと、
状況はどんどん悪くなってしまうのです。 

 
悪い状況というのは誰しもあるものですが、
それに至った経緯を嘆いたり後悔したり、
また否定的な言葉
(「俺はもうダメ・・・」「どうせ私は・・・」)を
言って自分を卑下する「思考」 はしても、
結局、何の役にも立たない! という事です。

さて、この話をトレードにも
あてはめてみましょう。さてどうなるか? 

失敗例にはいとまがないと思います。
(私も身に覚えがたくさんあります。) 

たとえば。。

・含み損を確定できず、時間だけが 過ぎていく。 
・負けると今日中に取り戻そうとの思いから
 オーバートレードをし、更に損失が膨らむ。
・一度決済した後、相場は自分がもっていた
 ポジションの方向にさらに動き、
 決済したことを後悔し、中途半端なところでトレードする。

すべて「今の悪い状況に固執するあまり、
かえって状況が悪くなってしまった」例です。

思考を未来に向けることができず、
過去の結果である「今の状況」のみこだわると、
上記のようなトレードをずーっと、
続けてしまうことになります。

FXのパフォーマンスを上げるには、
細かなテクニカルにこだわるより、

「未来に目を向ける」思考を養うほうが
100万倍有益です。

だって「損失挽回!」みたいなトレードを
しなくなるという事ですからね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました! 

 - FX メンタル, FXトレードの思考, FX中級者, FX初心者, FX成功法則