「スキマ時間」で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ資産運用型FXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

FXでチャンスを逃さないようにするシンプルな考え方

      2015/12/14

みなさん、こんにちは!

EDGEコミュニケーションの富盛です。
お世話になっております。

 
あなたは、今 いくつの通貨ペア
をトレードされていますか?

1通貨、3通貨、それとも5通貨でしょうか?

それはおそらく、どれだけの時間をトレード
に費やしているかで決まると思うのでまちまち
だと思うのですが

間違いなくいえるのは、「自分がちゃんと
FOLLOWできる程度」で通貨数を決めるのが良い
ということです。

これ、簡単そうに見えてかなり大切な考え方
です。

FXというのは、いわば「待ちの勝負」です。

キレイなチャートがあらわれるいわゆる
「トレンド」というのは相場の30%と
言われており、70%が「レンジ」という

チャートがきれいではない相場です。

とすると、私たちはFXをやるといっても、
勝率の高い「トレンド」にそうそうすぐに
出くわすわけではなく

「トレンドがくるのをじーっと待っている」
というのが普通の状態ということになります。

では「トレンドがきた!」ということを
知る上で私たちはチャートの何に気をつければ
よいのか?

答えは、ずばり「変化」です。

例えば、ドル円の日足チャートをみて
頂ければおわかりになると思いますが

2015年8月19日は流れが変わった日です。
(ちょっと古い話ですが。。)

この日以降、ドル円はもみあいから下抜けへの
「兆し」をみせ、その後はあれよあれよ。。
という感じでしたよね。

このような「変化」に対し、ドル円を日ごろ
FOLLOWしてない人がぱっとチャートを見、下抜け
する!と判断できる人は

相当にチャートを見ることに長けている人
だと思います。

ですが、あなたはFX以外にも本業を
お持ちで毎日チャートを見る時間も限られて
いると思います。

そのような「限定」された時間しかない中で
自分がFOLLOWできないくらいの数量の通貨
ペアを見て

ばっとチャートの「変化」に気づくことが
できるでしょうか?

その場合、チャートの「変化」に気づかないと
「トレンド」というチャンスを逃すことになり

また次の「トレンド」を待つ。。ということに
なります。

もちろん、仕事の関係でチャートを見れない
時もあるし、また見れたとしても100%チャンス
をつかむなんてこともできません。

ただ、チャンスはできるだけ多いほうが稼げます。

その場合のコツは、「チャートの変化」を見逃さ
ないようにすること。

であれば、FOLLOWする通貨ペアの数量は「変化に
気づけるくらいの集中力」を費やせる程度いう
のは、あなたはおわかりになりますよね。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 - FXトレードの思考, FX中級者, FX初心者