忙しい会社員・経営者のための「1日30分で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ」ブレインープログラミングFXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

脳科学・心理学をベースに、トレードでの勝ちパターンを「習慣化し」、 「考えず」に、お金稼ぎができるFX

FXで収支を安定させるただ一つのコツ

      2015/12/14

みなさん、こんにちは!

EDGEコミュニケーションの富盛です。

 

あなたは、まずFXを初めて
「勝ち方」を覚えようとしましたか?

僕もFXを初めて最初は「勝ち方」を
覚えるために躍起でした。

様々なブログを見たり、また分厚い
テクニカルの本を買って一所懸命に
勉強しました。

そのかいあって、どこで買ったり
売ったりすればよいかはある程度
わかってきました。

ただ、収支が一向にプラスになら
なく。。また「勝率も60%以上
あるのになぜ?」

とほんと不思議でした。

そんなある日、自分のデータを
見ていて気付いたのは収支が
「大波」であるということです。

まさに「大波」という表現がぴったり
で、利益を表す「山」はとても高く

その一方で、損失を表す「谷」も
とても深い。。

しかも、利益である「山の高さ」よりも
損失の「谷の低さ」のほうが深い。。

僕はこのデータをまじまじと見て「勝ち方」
だけを知っていてもお金は稼げないという
ことを痛感しました。

その後、僕は「損失の谷」をできるだけ
浅くすることを心掛け、次のことを実施
しました。

・ENTRYする前にロスカットの幅を決める
 ・決めたロスカット幅で必ず決済する。
・自分の撤退ルールを決める。
  (1日○回の負けで終わりなど。)

いわば「負け方」のルールをつくった
のですが、すぐに効果は表れました。

まず、「負け方」のルールをちゃんと
実施すると毎月の損失の下限がある程度
決まり、「大負け」が無くなりました。

さらに面白いことには、損失を限定
していれば「相場の状況に合わせた
売買ができる」ということに気づき
ました。

相場はトレンドとレンジを繰り返し
ます。

この場合、ある程度の「勝ち方」
を知っている方であるなら、以下
はご存知だと思います。

トレンド:お金の儲けやすい時期
レンジ :お金を失いやすい時期

お金を残すためにはレンジでの
対応をどうするかが大切ですが

この場合、負けやすいレンジでも
「負け方」のルールを決めておけば
損失は限定されます。

レンジの損失を限定し、トレンド
で一気に稼ぐ

ということを「負け方」のルールを
実施したことで知り、結果的に
「損小利大」のトレードができる
ようになりました。

 *損小利大(損失を小さくして利益
  を大きくする。)

「負け方」のルールは、「FXで稼いだ
お金の損失をいかに防ぐか?」という
ディフェンスのルールです。

サッカーでも得点をいかにとろうが
守りが弱ければ、結局 弱いままです。

強いチームというのは、「得点を
とる」&「失点を防ぐ」能力がある
チームであり

それはFXでいうと「お金を獲得する
こと」と「稼いだお金を守ること」
に他なりません。

「収支がどうも安定しないな。。」と
いう方は、「自分がどのような負け方
をしているか」を考えてみてください。

そこから道は必ず開けます。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました

 - FX メンタル, FXトレードの思考, FXルール, FX中級者