「スキマ時間」で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ資産運用型FXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

FXでは「いつも勝ちたい」と思っている間は、突き抜けられない

      2016/08/11

みなさん、こんにちは!

 

EDGEコミュニケーションの富盛です。

さて、いわゆる「動かない」相場に
なった時、

あなたはどう考えますか?

心理的には以下の状況にわかれる
と思います。

A. 「しかし動かんなー。全然、
  稼げん。レンジの対応でも
  考えるか。。また、スキャル
  ピングでもやってみるか。。」

B. 「動かない。。ただ、しょうがない
  よな。。無理せず様子見しよう。」 
   
 
Aの方は常に利益を求めるタイプ、一方
Bの方はチャンスがあれば利益を得ることが
できるタイプです。

このお二人の内、私の経験また知り合い
のトレーダーとの話、またスクールの
受講生の成績から考えた場合

どちらのタイプのほうがトータルで資産を
増やしていっているかというと

圧倒的にBのタイプなんですよね。

少し言葉を正確にすれば、
Bのタイプの方の資産は動かない相場では
増えても減ってもいなく

「動いている相場」で資産を増やして
いったので結果、
トータルで資産を増やしたということです。

なぜBタイプのほうが資産を増やしやすい
のでしょうか?

つねに利益を求めているAタイプの人は、
うまくいっている時は問題がないかも
しれません。

ですが、このようなAタイプのような考えには
実は大きなリスクがあります。

それは「利益を求めすぎる余り、
自分のコントロールがともすれば
利かなくなってしまう!」ということです。

利益を常に求めるとは、いわば常に「勝つ」ことを
目指す思考です。

この思考には「負け」の考えはなく、
負けてもすぐに取り戻そうとします。

負けがすぐに取り戻せればよいのですが、
そうならない場合、どうなるのでしょか?

連敗が続く結果、膨らんでしまった負けを一気に
取り戻すためにレバレッジを過大にしたりという
最悪の結果になりかねません。

一方、「チャンスがあれば利益を手にすることが
できる」と考えているBタイプの人は、
常に勝つことを求めているわけではないので

ある程度の負けを許容でき、負けを取り戻す、
という思考にはあまりなりません。

また利益は相場が動くときに手に入ることを理解
しているので、動かない時は様子見をして資産を
守ります。

ただ、チャンスがあればポジションを大きくできる
思考でもあるので相場が動くときに大きな利益を
手にすることができます。

結果として損小利大(損失を最小限にし、
利益を最大限にする)が実現できるので

Bタイプの人のほうが資産を増やしやすいという
わけです。

FXでは主役は相場であり、我々にできることは
相場についていくことだけです。

動かない時には相場にならって様子見をし、
動くときをじっと待ちましょう。

 - FX メンタル, FXトレードの思考, FXルール, FX中級者