「スキマ時間」で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ資産運用型FXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

ムダにトレードをして損していませんか? 今すぐ失敗をなくす3つのコツ

      2016/08/11

みなさん、こんにちは!

EDGEコミュニケーションの富盛です。

誰でもができてすぐにパフォーマンスを
上げられる習慣として、チャートを見る
時間帯を決めるというのがあります。

というのは、チャートを見る時間帯を
決めるとムダなトレードをしなくなるからです。

ムダなトレードとは、急上昇にのっかるとか、
「何となく」買ってしまった、とか、

つまり、「シナリオにないトレードをしてしまう」

ということです。

シナリオにないトレードが、

なぜ良くないのかと言うと、大体の場合において
「感情にまかせた」トレードであるからです。

感情にまかせたトレードは

「お金ほしさ」のだけのものであるため、

チャート分析は二の次になってしまうのです。

 

チャート分析がちゃんとできていない
トレードがNGなのは自明ですよね。

では、チャートを見る時間帯はいつごろ
がよいか?ですが

お仕事の関係また生活スタイルによって
決め方は様々だと思いますが

会社員の方であれば出勤する前の朝や、
帰宅後の夜が適当ではないかと思います。

あまりお勧めしないのが仕事の休憩中に
見ること。業種やお仕事内容にもよると
思いますが、
お仕事のほんのちょっとの休憩中に
チャートを見てもあまり時間がなく
集中できない。。。
ということが多いと思います。

そのようなあわただしい時に見て、
分析もちゃんとできてない時に売買しても

自信がないために仕事中にポジションの動向が
気になってしまうということもあると思います。

まとめますとチャートを見る時間帯を
決める上で大切なことは以下です。

・時間的に余裕があり、リラックスできる
 時間帯を選ぶ。

・仕事の合間などのあわただしい時間帯
 は避ける。

・仕事の合間に見る必要があるときは、
 事前にやることを決める。

最後の「仕事の合間に。。」というのは、
例えばポジションをもっているときに

「○○円まで到達していたら利確をする」
や「ロスカットレベルを上げる」などです。

このくらいの確認作業であれば、
仕事の合間でもすぐに判断・実行でき、その後
ふつうに仕事に戻ることができると思います。

また、ポジションをもっているときには
指値の利益確定やOCO注文など色々な
「自動化」の機能をうまく使えば、

お仕事に支障なくちゃんと利益を上げられる
トレードができます。

ちょっとしたことですが、積もれば勝率に差をつけるものです。

よかったら参考にしてください。

今日もお読みいただきありがとうございました!

 - FXトレードの思考, FXルール, FX中級者, FX初心者, FX時間管理