忙しい会社員・経営者のための「1日30分で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ」ライフタイムFXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

打席に立つバッターのように・・・・1回、1回、強い覚悟が必要です!

      2016/08/07

皆さま、こんにちは!

EDGEコミュニケーションの富盛です。

 

今日は寒いですね。

 

今日は通常の講義でしたが、皆 良い

成績でした。

 

でも、今回みたいな良い相場でも、

その動きの通りに利益をとるのは時として

難しい場合があります。ニコニコ

 

タイミングを逃したり、余計な感情を挟んで

エントリーしなかったり。。。

 

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、

やはり事前に準備をしておく事が大切です。

 

常日頃からチャートを見て、小さな損失(三振)や

小さな勝ち(ヒット)を繰り返す内に、たまたま

大きな勝ちにあたるというのが、典型的な勝ち

パターンです。


一方で、大きな勝ちのみ狙い、損失0でやる方法は

ないかな? と考える人もいるかもしれませんが、

まず考えないほうがいいと思います。

 

大きな勝ちは、チャートである程度、予兆を

見せることはありますが、大体の場合において

予測は難しいです。

 

今回の黒田バズ—カも、予測をしていた

アナリストはいなかったと思います。叫び

 

又、チャート上だけでも、これほどの大きな

動きを予測していた人は多くなかったように

思います。

その場合、普段はトレードせず、またチャートも

見てない人が、大きな勝ちだけ狙ってトレード

しようとすると、余計な感情(もうこんなに上昇

しているから下がるのでは。。)を抱きがちです。

又、トレードしていないと、相場で勝負する

強い気持ちが萎えてしまうので、

損失を恐れ、ロスカットできなくなります。

結果、エントリーできずに指をくわえて上昇を

見るだけに終わる。。。という事もありがちです。

 

私も何度も経験してきました。。。あせる


トレードで重要な事は、野球やサッカーと同じく、

通常から打席やグラウンドにに立ち、

「勝負感覚」を養っておく必要があります。


「勝負感覚」とは、

損失を恐れない「強い気持ち」です。

相場は「損失」覚悟で挑む勝負の世界ですので、

「強い気持ち」がないと、良い相場でもあっても

ENTRYできなくなります。


では、どのようにして「強い気持ち」を養えば

よいか? 

 

という事については、

また日を改めて書きたいと思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 - FX メンタル, FXトレードの思考, FX中級者