「スキマ時間」で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ資産運用型FXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

FXのテクニカル分析で覚えなければならないたった一つのこと

      2015/12/14

皆さん、こんにちは!

EDGEコミュニケーションの富盛です。

 

これまでチャートの見方の記事を

3回 書いてきましたが、肝心ことを

記載するのを忘れていました。あせる

 

今日は、チャートを見る上でのもっとも

大事な原則をお話ししようと思います

 


添付チャートは、また例によって、本日

15時のポンド円日足チャートです。

移動平均線の設定は以下です。

ブルー :5日移動平均線(短期)

赤   :20日移動平均線(中期)

オレンジ:50日移動平均線(長期)


 さて、その大事な大事な原則とは「日足

 の方向」を確かめということです!

 

 もう少し具体的にいうと、「日足の短期の

 トレンドと本日のトレンドが同じかどうか

 」を確かめるということです。

 チャート分析を知っている方から言わせる

 と、「なにをいまさら。。」という感じ

 かもしれないのですが

 やはり この原則がトレードにおいてもっと

 も重要です。

 

 私のスクールでは、「日足」のデイトレー

 ド・スイングトレードのみやっているので

 新規の受講生にはまず、この原則のみ覚え

 てもらい

 時間足(4時間足・1時間足など)をみて、

 どこで買うとか売るとかそういう細かな

 話後まわしにしています。

 

 ローソク足と移動平均線だけでも、「日足

 の短期のトレンド=本日のトレンド

 確認てから、エントリーすると、

 あなたの勝率は間違いなく上がります。

 なぜ この原則が最も重要かというと、

 理由は、



 トレードの勝ち方は、「短期のトレンドに

 のる方法が、確率が一番 高い」からです。

 

 「トレンド」とは、相場の方向を示し、

 広義の意味では、「もみあい」などの動か

 ない状態も含め、また



 

 相場が上に行くのか下にいくのか、はた

 また どっちつかずなのか、3つの状態を

 示します。

 

 上のチャートを見て、短期のトレンドを

 示す5日移動平均線(青色)とローソク足の

 方向が同じ箇所を見てみてください。





 けっこう、ありますよね? 上方向、下方向

 で。

 

 その場合、「5日移動平均線のトレンド=

 本日のトレンドを確認してから、その

 トレンドの方向にエントリーすると。。



 勝てそうな感じがしてきませんか?





 また、5日移動平均線が横ばいのところも

 見てください。



 この場合は逆に、勝てる気ってあまり

 持てないじゃないんでしょうか。

 

 また、この原則では「短期のトレンド」を

 確認するということが重要です。

 当たり前のことですが、「今日エントリー

 する」ためには、短期のトレンドが大切であって、

 

 20日のトレンドや50日のトレンドは、5日

 のトレンドにくらべれば、「今日 相場の

 方向はどちらか?」ということを確認

 するという意味においては。。

 優位性は下がります。

 

 ここまで書くと

 

 「今日は陽線だから、ロングで入っていれ

 ば利益はとれたはず。短期は下落トレンド

 だけど、ロングで入ってもよかったのでは?」

 と思われる方もいるかもしれません。

 まさにその通りです。

 

  日足が下でも、時間足を見れば、

 時間足では上のトレンドだったと

 いう事なので、ロングで入っていれば

勝てていました。

 

ですが、私のスクールでは受講生に

「日足でトレードしながら時間足で

トレードする」ことは控えて

もらっています。

 

その理由は、時間軸のあわないトレード

複数すると利益確定は短い時間軸に

無意識にあわせてしまう」からです。

よって当スクールの結論としては、

「今日はロングで勝つということは忘れて

ください」ということになります。

(一般論ではなく、スクールの考えです。)

 

 

その話は長くなりますので、また次という事で。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

 

 

 - FX テクニカル, FX中級者, FX初心者