忙しい会社員・経営者のための「1日30分で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ」ライフタイムFXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

FXで勝率を決める最も重要なこと

      2015/12/14

 

皆さん、こんにちは!

EDGEコミュニケーションの富盛です。

 

今日の話は「トレードの勝率を決める

のにもっとも重要なのはなにか?」と

いうお話です。

 

こう聞くとトレードのスキルにひひ

であるとか、経験だとか センス

だとか あとは知識とか、

そのような答えを思い浮かべる

方が多いと思います。

 

でも答えはもっと単純で「相場

環境」です。

チョキ

 

もっと平たく言えば、「勝ちやすい

相場かどうか?」ということです。

 

勝ちやすい相場であれば、皆

勝率が上がり、勝ちにくい相場

であれば、勝率は下がる。。

 

こう聞くと、なんとなく感覚と

してはおわかりになると思います。

 

例えば、アベノミクス相場で、株

やFXを始めた人は多いと聞いて

いますが

 

このことは「知識やスキルのない

方がやっても勝てる相場」だから

こそ


多くの方がやりはじめたという

事実を示します。

グー

このことを今の相場環境に照らし

あわせて理解して頂くため

ドル円・ポンド円・ユーロ円の

2015年12月24日ー今日(1月14日)までの

「4時間足」チャートで比較します。

まずは、ドル円のチャートです。


 うーん、なんか難しそうですよね、

 上にいったり来たりで。。叫び

 全体は下落トレンドだけど。。

 「どこで買ったり売ったりすれば

 いいんだ?」みたいになりません?

 

 次にポンド円のチャートです。



 

 ドル円よりは、わかりやすくなって

きたと思いませんか?ひらめき電球

 

 でも、1月8日あたりから陽線

 もけっこう混じってきて

 

 「うーん。。どこで売ればいいの」と

いう方も多いかも。

 最後にユーロ円のチャートです。

 

 

 ポンド円よりも、下落トレンドがわかり

やすいですよね!1月8日からも、陽線が

あまりありません。チョキ

 

 

 この3つのチャートの比較からなにが

 言えるかというと「わかりやすく、

 きれいなチャートは勝ちやすい」という

ことです。

 

言われてみれば、「なんだ、そんな

ことか」という感じ

ですが

 

多くのFXをやっている方は、このきわめて

シンプルな事実を見過ごします。

(たまに私も忘れます。笑)

 

FXの勝ち方は、一言でいうと次の

ようになります。

 

それは「相場の方向と同じポジションを

もち、適切なタイミングで利益確定をする

こと」。

 

上のドル円のチャートは、「相場の

方向」がわかりにくく、それゆえ

「売買のポイント」もわかりにくく

 

 さらには「利益確定のポイント」

 もわかりにくいので、難しいの

 です。

 

 

 このようなチャートに出くわす場合、

 次の2つの考え方に分かれます。

 

 ① 難しい相場でも勝てるように、

   テクニカルの知識を仕込む。

 

 ② トレードをせず、様子見する。

 

あなたならどちらを選びますか?

 

私のスクールでは、「②をしてくだ

さい」と受講生の方には言って

います。

 

理由は、「勝ちやすい相場でちゃんと

勝てるようになる前に」難しい相場に

手をだそうとすると

 

結局、なにも身につかなくなる

からです。 

 

基本を身につける前に、「応用」に

手をだすのはやめたほうがよい

ということと同じです。

 

年末から難しくなった、ドル円で

トレードしている方は、負けが多くて

ちょっと落ち込んでいるかたもいら

っしゃるかもしれません。

 

ですが、負けているのは、あなたに

原因にあるわけではなく相場に

原因があります。

 

あなたのスキルのせいではなく

相場環境が悪いだけの話なのです。

 

そのようなときは、トレードをやめ

様子を見て、またチャートがわかり

やすくなったら。。

 

再開するのが良いと思います。

 

最後に1点 アドバイスですが、

「きれいでわかりやすいチャート」

を色々な通貨でじっくりと見てください。




脳にその良いチャート・イメージ

が刻まれれば、「わかりにくい」

チャートもすぐに判断でき、

 

結果として、「負け戦」に挑む

ことがなくなります。

 

最後までお読み頂き、ありがとう

ございました!

 - FXトレードの思考, FX中級者