忙しい会社員・経営者のための「1日30分で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ」ブレインープログラミングFXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

脳科学・心理学をベースに、トレードでの勝ちパターンを「習慣化し」、 「考えず」に、お金稼ぎができるFX

カンタンでわかりやすいFXのトレンドラインの使い方

      2015/12/14

皆さん、こんにちは!

EDGEコミュニケーションの富盛です。

 

今日は、本当に使えるトレンドラインの

引き方の話です。

 


「トレンドラインってよくわからん。。」

株やFXでおなじみのトレンドライン

ですが、引き方やまた どのように

使えばいいの?あせる



という方は多いのではないでしょうか?


私も最初はさっぱりわかりません

でした。


トレンドラインの引き方がよくわからない

理由は、本では「引かれた状態」で説明

されているからです。


「引き方のプロセス」が書かれてない

ので、わからないという感じです。

 

そんなあなたのためにポンドの日足を

使い、引き方と使い方をご説明します!耳

その前に、先日の記事(http://ameblo.jp

/yoshi-shibaura/entry-11974985221.html)

でも書いたのですが

トレンドラインは2種類あります。


それは

①上値抵抗線

②下値支持線

です。

 

今日は、そろそろ 下落⇒上昇

の転換がきそうなので

①の上値抵抗線のみ説明

したいと思います。

 

まずは言葉の意味ですが、

「上値抵抗線」は「上値」

+「抵抗線」に分かれます。


この場合の上値とは、なんとなく

「高い価格帯。。」という

イメージがつくと思います。

 

その通りで「上値」=「高値です。

では「抵抗線」とはなにか?


「上値=高値」を結んだ直線です。

 

ではまずポンド円の日足チャートを

あなたも開いてみてください。

 

まずはこんな感じです。

12月から、2本の「まだ生きている上値

抵抗線」が引けます。

まずは1本目の上値抵抗線から。

下記のチャートの○にご注目ください。



〇が3つありますが、これが「高値」

=「上値」です。

真ん中の〇と右の〇は、ローソク足

の上ヒゲの「先っぽ」が「上値」になります。

では、左の〇から、二番目と三番目の

〇に延長するように直線をひいて

みましょう。

こんな感じになります。オレンジの線が、

「上値抵抗線というトレンドライン」です。

できましたか?にひひ




あと、もう1本引けます。

「上値」が直線で引けそうな箇所をいく

つか探してくださいね。

 

まずは、○から。以下のチャートのような

感じです。



次に先ほどと同じように、左の〇から真ん

中と右の〇のローソク足の「上値」に向け

て直線を引いてください。

できあがりはこんな感じです。

1本目と2本目を合わせた完成版は、こんな感じです!

 


というぐあいに、上値抵抗線の引き方は

何度かやれば、おわかりになると思います。

では、次は「この上値抵抗線をどのように

使えばよいの?」ということについてです。

まずは知識として



上値抵抗線を「強いローソク足の陽線」が

抜けたらトレンドは上昇に明らかに変わる

という事を意識してください。

こんな感じです。

 



赤の上値抵抗線が強いローソク足

の陽線で抜けられた後、流れは

「下落⇒上昇」に変わっていますよね?

この場合、上昇の勢いはなかったもの

の、上値抵抗線が抜けられた後

流れは明らかに変わりました。

 

では、この赤の「抜けられた=終了した

」過去の上値抵抗線は無視して

現在の「まだ抜けられていない」先ほど

の完成版のチャートに目を向けましょう。

 

さて、明日から次のことを心がけてください。

それは、青の上値抵抗線を「強い陽線

ローソク足」が抜けたら、ロングでエン

トリーすることを考えましょう!という事です。チョキ

 

これだけです。

 

当たり前ちゃー当たり前ですが、

FXは「上下どちらかの方向」に動く

かにお金を賭ける勝負ですので



「方向が一方向に見え」れば、その

方向にポジションをもてば、100%とは

いかないまでも

 

勝率が「方向が見えてない状態」

の時よりも高まる!グッド!

 

というのは、なんとなくおわかり

になると思います。


あと、ロングのポジションをとる際、陽線

でも、「強い陽線」で抜いたらポジション

とってくださいね。

なぜかというと「上値抵抗線」は文字

通り「抵抗線」なので、「売りが強い

ライン」です。

なので「強い買いの力=強い陽線」で

ないと売りの力に跳ね返されてしまう

から、負ける可能性のほうが高いのです。

ちゃんと「日足で上値抵抗線を引き、

強い陽線が抜い」たら、ロングで入る

ことを考える!



これを意識すると間違いなく

あなたの勝率は上がります。



シンプルですがこれは勝率を高める

わかりやすい方法なので、是非 意識

してやってみてくださいね。グッド!

 

今日も最後までお読み頂き、あり

がとうございました!

 - FX テクニカル, FX中級者, FX初心者