人生100年時代の「スキマ時間で年利30%」のライフシフトFXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

今こそ、人生100年時代を「軽やか」に生きるためのライフシフトFXを学びましょう!

受付時間: 9:00~17:30(土日・祝日は除く)

「KUMON」を目指す学習カリキュラム

学習塾の「KUMON」がモデル

 

KUMON」式学習は、

・自学学習

・個人別・能力別学習

・スモールステップの教材

 

が特長です。

 

以下、以上の「KUMON式」を特長づける3つのポイントの内、「自学学習」につき、スクールがどのような取り組みをしているか?につき説明していきます。

 

自学学習(自ら考え,解決策を導く学習)

スクールでは、よくあるプロからの「売買メール」は一切やっていません。

 

理由は、「売買メール」は「魚」だからです。

 

FXでずっと継続的に稼いでいくためには「他石」ではなく、「自力」が必要で、「魚」ではなく「魚の釣り方」を学ぶ必要があります。

 

その意味で、スクールでは、受講生に「考える力」・「考えを言葉にする力」を伸ばしていくカリキュラムにしています。

 

では、「考える力」・「考えを言葉にする力」はどのように養えばよいか?ということですが、スクールでは、以下の学習カリキュラムを採用しています。

 

公式を学び、実践で応用する!

学校教育では、誰もが「算数・数学」を学んだ経験があります。

 

 

算数・数学の特徴は、「公式」があるということです。

 

「公式」の学術的な定義はここでは省きますが、「公式」のイメージとして、

 

「ある規則にのっとれば、正解が得られる式」という理解で、まずは問題ないかと思います。

 

 

 

実は、FXにも、そのような数学の公式のようなものが存在しています。

 

その例をチャートと呼ばれる、「時間X価格」のグラフを用いて説明します。

スクリーンショット (25)

 

上のグラフは、EUR/USD( ユーロドル)という通貨ペアのチャートで、縦軸は価格、横軸は時間を表します。

 

チャートの赤と緑の棒は「ローソク足」と呼ばれます。「ローソク足」とは、「ある特定期間」の値動きを表したものです。

 

このチャートのローソク足は、「1日の値動き」を表したものなので、「「日足(ひあし)」と呼ばれます。

 

そして「赤いローソク足」は、「その日の価格は1日を通して上昇した」ことを示すので、「陽線(ようせん)」と呼ばれます。

 

一方、「緑のローソク足」は、「その日の価格は1日を通じて下がった」ことを示すので、「陰線(いんせん)」と呼ばれます。

 

 

今、このチャートに「上昇トレンド」という文字を入れました。

スクリーンショット (25)

 

「上昇トレンド」とはなにか?ということですが、これは「下から上に向かう川の流れ」のようなものです。

 

そして、この「上昇トレンド」という「下から上の川の流れ」に乗って、「安い価格で買って、高い価格で売る」ことを「トレンドフォロー」といいます。

スクリーンショット (39)

 

FXの基本の利益の出し方は、安い価格で買って、高い価格で売る」です。

 

*この場合のFXの利益の出し方は「買い」と呼ばれます。「買い」がどのようなものかは、以下の「FX=八百屋の商売で考える」を参照してください。詳しく解説しています。

 

http://officelevert.jp/fx%ef%bc%9d%e5%85%ab%e7%99%be%e5%b1%8b%e3%81%ae%e5%95%86%e5%a3%b2%e3%81%a7%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b%ef%bc%81-2097/

 

であれば、この「トレンド(川)の流れに沿って」、なるべく安い価格で買い、より高くなったところで売れば、利益が出るというのは、FX未経験の方でもイメージしやすいかと思います。

 

 

とすると、次は、この「上昇トレンド」がどの時点から始まるのか?が知りたくなると思います。

 

スクリーンショット (25)-3

 

 

このチャートは、「結果」が出た後のチャートなので、当然、リアルタイムでチャートを見ていると、

 

価格が上に動くか、下に動くかは予測はできない。。

 

と普通は考えてしまいます。

 

ですが、FXの「公式」をあてはめると、この「トレンドがいつ始まるか?」が「高い確率」で予測ができます。

 

スクリーンショット (32)

 

オレンジの〇の状況は、トレンド(川の流れ)ではありません。価格が「一方向」に伸びず、行ったり来たりしていることからもわかります。

 

ですが、FXの「公式」を使うと、〇のオレンジの状況が「何日に」、□の「トレンド」になるかが高い確率でわかります。

 

 

しかも、その「公式」の理解が深まるほど、「〇月▽日の何時ごろに、トレンドが始まるか?」もわかってきます。

 

このFXの「公式」は、「テクニカル分析」とよばれており、100種類以上あると言われています。

 

 

スクールは、そのたくさんあるテクニカル分析の中でも、

 

世界中で使われており  かつ

・歴史のある

 

テクニカル分析のみ採用しています。

 

例えば、「ダウ理論」というテクニカル分析は、スクールで採用しているテクニカル分析の一つです。

 

Charles-Dow

 

ダウ理論は、テクニカル分析の中でも代表格で、FXのみならず、株式・先物など多くの金融商品で用いられています。

 

ダウ理論は、米国人のチャールズ・ダウにより、19世紀後半に提唱された理論で、100年以上の歴史があります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ダウ理論

 

 

では、なぜスクールでは、このような「世界中で使われており、歴史のあるテクニカル分析を採用しているか?ということですが、

 

 

それは、以下の考えから来ています。

 

世界中の人々が使用しているテクニカル分析を使えば、「多数派の動き」についていくことができるから。

 

FXで利益を上げるには、トレンドに乗ることが必要なので、「多数派」の動きについていくことが重要です。

 

その場合、誰もが使用していない、もしくは、「使用している人が少ない」テクニカル分析であれば、多数派の動きについていけないということになります。

 

 

このように、為替の価格の動きは、FXの「公式=テクニカル分析」を使えば、「誰もが精度の高い予測」をすることができます。

 

普通、一般常識でいうと、為替の通貨ペアの価格が上がるか下がるかは、難しい経済・金融の勉強をして、権威のありそうなアナリストの話を一所懸命に学ぶ

 

というイメージが強いと思います。

 

ですが、その考え方は間違っていて、難しい経済・金融の勉強をする必要もなく、また アナリストの意見を聞く必要もありません。

 

 

FXの「公式」をあてはめて考えれば、価格の動きは100%とまではいかなくとも、「高い確率」で予測できるものなのです。

 

 

この「公式=テクニカル分析」を学ぶ際での重要な点は、「実践」で自分でできるようにするということです。

 

何事もそうですが、公式や理論を「学んだだけ」では自分でできるようにはなりません。

 

車の免許でも、ペーパーテストだけできても運転できるようにはならなく、必ず、「自分で乗って運転する必要」があります。

スクリーンショット (47)

 

 

 

さらに、FXは「お金を扱う技術」なので、なおのこと、実践には「慣れ」が必要です。

 

 

では、次に、FXの公式を覚え、それを「自ら考えて」相場で実践ししながら体得していくための学習の流れにつき説明いたします。

 

覚えたことを着実に記憶にしていく「学び方」

まずは、学習するにあたっての「記憶」の役割を知ることが重要です。

 

kioku0331_72dpi

 

人は、普通、1回学んだだけでは覚えません。その段階では、学んだ情報は「短期記憶」として一時保存されるのみです。

 

その「短期記憶」が、忘れにくい「長期記憶」に変わるためには、何度も復習を繰り返す必要があります。

 

スクールのカリキュラムでは、この「短期記憶→長期記憶」を確実にするために、

 

講義 →E-ラーニング→勉強会→E-ラーニング→講義→勉強会。。というサイクルが繰り返されています。

 

まずは、月末に受講生は「講義」に参加します。講義は「通学」と、

 

・通学に通えない東京以外の地域に住んでる受講生

・通学講義の日に日程が合わない受講生

 

を対象とした「オンライン」講義に分かれます。

 

スクリーンショット (387)

 

講義では、受講生は「公式=テクニカル分析」をまず学びます。

 

 

講義では、受講生の学習タイプを以下の3種類と想定して考えています。

 

視覚優位な人:イメージから入るタイプ →絵やイラストがわかりやすい

 

聴覚優位な人:理屈から入るタイプ→ロジックを明快にして説明するとわかりやすい

 

感覚優位な人:イメージや理屈よりも「感覚」を磨かせる、人との会話・手で書くとわかりやすい

 

なので、理屈重視の講義では、視覚や感覚優位な人は「理解できない」ので、講義の内容の構成は以下の割合にしています。

 

・レクチャー(講師の話):60%
→ロジック、イメージ(画像・動画)

・自習/シェア/発表         :40%
→感覚(人と話す、手書きでメモをとる)

 

 

レクチャーでは、テクニカル分析の定義から始まり、「なぜその相場状況で使う必要があるのか?」までを丁寧に、また ステップバイステップで説明します。

 

大きなスクリーンで、パワーポイントでチャートを見やすくしながら、一つ一つ説明していきます。

 

 

パワポで使うチャートは、「見やすいように」白をバックにしたものし、また、なるべく、文字を使わず、イラストや記号を用います。

 

スクリーンショット (33)

 

また、アニメ動画なども使い、価格の予測に対し、イメージや感覚を養ってもらっています。

 

スクリーンショット (34)

スクリーンショット (35)

 

このようにして、学習者(受講生)のタイプも意識した上で、Input(レクチャー)をしています。

 

 

受講生は、このようなinputを受けた後、次は、Outputに移ります。

 

講義では、1グループを大体4人~5人に分け、その中で「じゃんけん」によりリーダーを決めてもらいます。

スクリーンショット (36)

 

リーダーは、レベルに関わらず、じゃんけんで勝った方は、引き受けなくてはなりません。

 

そして、次にワークに入ります。

 スクリーンショット (37)

 

例えば、上のようなワークでは、リーダーはグループ全員の課題をまとめる必要があります。当然、自分よりレベルが上の人もグループにいますので、理解しようとする場合には、

 

・頭を使い、自分より上のレベルの人の考えを読みとる

 

努力が必要です。

 

IMG_20180401_115223

 

このようにして、グループ全員のまとめをした後で、その後 グループのリーダーから、シェアのまとめを発表してもらいます。

 

 

 

この段階では、リーダーは「まとまった考え」を「言葉にする」能力が問われます。

 

FXに限らず、何事もそうなのですが、「理解して実践できる!」段階では、必ず「自分の考え」を「言葉にする」ことができなくてはなりません。

 

「考え」が言葉にならないと、それは「理解が不十分」ということを表します。

 

この場合、覚えたFXの公式が「言葉にならない」と、実践できないということになります。

 

なので、スクールの講義では、このような「シェア・発表」の時間を多くとることにより、

 

受講生の「考える能力」→「考えを言葉にする能力」を磨いてもらっています。

 

このような学習スタイルは、社会人・事業者の方もさることながら、主婦や年金で暮らしている方には、特に喜ばれます。

68f1d356d2d86a0ee05dc8d10aad13fb

というのは、「自分の考え」を言葉にする機会が少なくなっている方が多いから、です。

 

 

 

 

講義でのグループは「習熟度が高い人ーまあまあの人ー少し低い人」で構成しています。

 

 

なので、シェア・ワークをすることにより、

 

習熟度の高い人は、自分よりも低い人に対し、「教える」という行為を通じ、自分の考えを整理し、言葉にする能力が上がるので、さらにレベルアップし、

 

一方で、

 

習熟度の低い人は、高い人から教わることで、よりレベルの高い考えに触れ、学ぶことができるので、レベルアップできます。

 

このように、スクールの講義では、多くのInput→Outputを通じ、

 

・自ら考え

・自ら解決策を導く

 

ことが「自然」とできるようになります。

 

このことをFXの売買に置き換えると、以下になります。

 

・自ら考え → 「先の読めない」世界で、テクニカル分析(公式)を用い、「トレンドの変化」を見抜く

 

・自ら解決策を導く→ 売買価格を自力で見つける

 

このプロセスが、「魚釣りの仕方」を覚えるそれに他なりません。

 

以上、スクールの「自学学習」に向けての取り組みの一つである「講義」につき説明してきました。

 

次に、この「講義」での学びを「より記憶に定着していくための」勉強会とE-ラーニングにつき説明します。

 

勉強会で「実践力」をつける!

講義で学んだ「FXの公式=テクニカル分析」は、自分で実践しない限り、覚えることはできません。

 

この場合、免許取得の際の「路上教習」に相当するのが、「相場での実践」です。

 

講義でいくら「公式」を学んだところで、それは免許取得の際の「学科」に他なりません。

 

車を運転できるようになるには、道路で車を運転することが不可欠であるのと同様、FXにおいても「学んだ公式」を実際の相場にあてはめて実践する必要があります。

 

その実践の「復習」をする場が、「勉強会」です。

 

 

勉強会は、講義よりも人数を少なくし、「実践でのもやもや」を解決する場として位置付けています。

 

スクリーンショット (389)

 

「勉強会」では、参加者である受講生は、事前に「自分の売買のまとめ」をする必要があります。また、発表の際には、「確認したい」課題も、要領よくまとめて話す必要があります。

 

 

なので、この「勉強会」でも、受講生は、

 

・自ら考え

・自ら解決策を導く

 

という学習をすることになります。

 

では、次に、スクールの「自学学習」の最後のポイント、E-ラーニングにつき説明します。

 

E-ラーニングでさらに記憶を強化する!

スクールでは、講義→勉強会がひと月の1サイクルで、翌月も、講義→勉強会。。となります。

 

講義→勉強会→講義の間は、大体2~3週間ほどですが、その間に「E-ラーニング」というオンラインの課題提供もしています。

 

E-ラーニングは、基本、毎週1回で、月3回から4回の配信で、その目的は、

 

学んだことの記憶の強化

・学習の継続化

 

です。

 

「学んだことの記憶」の強化は、「復習」を繰り返せば繰り返すほど、記憶が強化されるという観点に基づいています。

 

次の「学習の継続化」については、仕事や生活の忙しい中でも、一定のリズムをとって学習を継続させるという目的のため、です。

 

何事も「学ぶ最初はやる気満々」だが、「時間がたつとやらなくなる・・」となりがちです。

 

 

当然、人によっても個人差はありますが「学んだことの成果がでにくい」場合だと、特にその傾向は強いと思います。

 

スクールのFXは、「資産運用の一手段」としてというよりも、「生涯使えるスキル」として受講生の方に習得いただいています。

 

ですが、FXのスキルは、運転免許や料理のように、「学んで一通り覚えて実践すればすぐに成果が出る」というものではなく、

 

それらの「資格系スキル」とは性格を異にします。

 

というのは、FXのスキルが活きるのは、「相手=相場」次第だからです。

 

なぜ「FXのスキルが活きるのは、相場次第なのか?」をEURUSD
(ユーロドル)の日足チャート(2017年―2018年)を使って具体的に説明します。

 

スクリーンショット (41)

上図の日足チャートをみた場合、FXをまだ始めてない方も、3つの「固まり」が目につくと思います。

 

その「3つの固まり」に対し、オレンジの〇をつけてみました。

 

スクリーンショット (41)

 

左のオレンジの〇は、「下から上に価格が伸びてる」ので、上昇トレンドです。

 

 

右のオレンジの〇は、「価格が上から下に伸びてる」ので、「下落トレンド」と呼ばれます。

 

そして、真ん中のオレンジの〇は、「価格が上にも下にも伸びていかず、どっちつかず」の状況で、「レンジ」とか「もみあい」と呼ばれます。

スクリーンショット (41)

 

上昇トレンドは、「買い」で利益を上げられるし、下落トレンドは「売り」で利益を上げられます。

*「売り」の考え方は、以下のリンクを参照してください。
 「FXで○○ショックはボーナス!」

http://officelevert.jp/fx%e3%81%a7%e3%80%87%e3%80%87%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%af%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%82%b9-2110/

 

でも、真ん中のオレンジの〇では、左の〇や右の〇と比べて「利益をだすのは難しそう・・」

 

 

これは、直観でわかると思います。なぜなら、「価格の動く差がすくない」からです。

 

これまで説明してきたように、FXで利益を上げやすいのは、トレンド相場である、左の「上昇トレンド」か、右の「下落トレンド」です。

 

ですので、この状況では、講義で学んだFXの「公式」は「試す」ことができるので、その「結果」がすぐにわかります。

 

ですが、オレンジの「レンジ」の状況では、FXの「公式」を「試す」ことはできません。

スクリーンショット (46)

 

しかも、その「試す」ことができない期間は、上の日足チャートでは、およそ「3か月」です。

 

「3か月間」であれば、運転免許や料理は、十分すぎるほど「試す」ことができます。ですが、FXでは「試す」ことができません。

 

為替の価格の動きは、

 

ドル円を買いたい人 > ドル円を売りたい人

 

になれば、ドル円の価格は上昇し、逆であれば、ドル円の価格は下落します。

 

この「為替相場の需給(じゅきゅう)」は、「誰かがコントロールできる」というものではなく、なぜかというと、為替相場の取引量は「巨大」だからです。

 *1日の世界の取引量は、およそ180兆円。

 

ですので、自分が講義で学んだFXの「公式」を試したい!と思っても、自分では決められません。あくまで、トレンド相場が来るのを待つしかないのです。

 

 

以上が、「FXのスキルが活きるのは相場次第」ということの説明です。

 

 

なので、FXをしっかりとしたスキルにするためには、このような「練習」ができない状況でも、継続的に学習することが必要なのです。

 

その意味で、E-ラーニングでは、「今後のトレンドの動き」を想定した上での「売買価格を決める」出題もしています。

 

スクリーンショット (43)

 

スクリーンショット (42)

 

以上が問題で、解答は以下になります。

スクリーンショット (44)スクリーンショット (45)

 

以上のような問題が、毎週木曜日20時に、毎回1第~2題、メール配信されます。

 

 

内容は、上記のような「売買のシュミレーション」の問題、また「学んだことの復習」の問題、さらには「間違えやすい売買パターン」の問題など、多岐にわたります。

 

さらには、出題の難易度については、受講生の抱える課題を考慮した上で、「ちょっと考える問題」にしています。

 

 

ですが、忙しい受講生も、毎週継続的に無理なくできるよう、1回のE-ラーニングを「15分以内」にできるような内容にしています。

 

このようなE-ラーニングを、毎月の「講義→勉強会→講義。。」というサイクルの「間」に挟み込むことにより、

 

 

受講生は「学習効果」がすぐにでなくてもあせらずに、着実に学ぶことができます。

 

まとめ

以上、「KUMON」を目指す学習モデルでのスクールの取り組みにつき説明してきました。

 

他にも、「KUMON」を特長づける「スモールステップの教材」や「個人別学習」につき、スクールでは多くの取り組みをしています。

 

スクールでの学び方に興味のある方は、ぜひ一度セミナーにいらしてくださいね。 より詳しいお話しをします!

            ↓

    「セミナー概要&申し込み」

http://officelevert.jp/%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e6%a6%82%e8%a6%81/

 

 

公開日:
最終更新日:2019/11/26