忙しい会社員・経営者のための「1日30分で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ」ブレインープログラミングFXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

脳科学・心理学をベースに、トレードでの勝ちパターンを「習慣化し」、 「考えず」に、お金稼ぎができるFX

FXと外貨預金の違い~その②レバレッジの本当の意味!~

   

初心者でも「安心・安全・確実に
成果の出るーライフタイムFXを
学べるスクール、
EDGEコミュニケーション代表の

富盛です。

お世話になります.

今日はあまり良いチャートが無く、
様子見予定です。

さて、「FXと外貨預金の違い②
~レバレッジとは?」です。

前回の記事は以下からご確認
ください。
     ↓
http://officelevert.jp/?p=1316

まずは、前回のおさらいから。
前回のまとめは以下です。

①外貨預金:ドル円レート¥112.00
     で10万ドルのドル預金
      をもつために、

        必要な資金は¥11,200,000

②FX          :ドル円レート¥112.00
     で10万ドルでドル円の
     ロングポジションをもつ
     ために、

      「最低限」必要な資金は¥448,000

「レバレッジ」というシステムにより本来、
外貨取引で必要とされる「¥11,200,000」
ではなく(この例の場合)、

FXでは「¥448,000」で取引ができる。
これがFXのすごいところです。

で、ここ、さらっと読み流すには、あまりに
重要な事実です。

というのは、外為法の改正よりFXが
市場に急速に拡大した1998年以前には、

私たちは、ドル円¥112で10万ドルの
取引をするには、

「¥11,200,000」が本当に必要とされた
から、です。

外貨取引だけに1千万超の資金をつぎ込める
人ってなかなかいないですよね?

でも、今はFXを使えば、最低限「¥448,000」
あれば10万ドルの取引ができるわけです。

1998年を境にして、ほんと「資産運用の
自由度」は一気に広がったわけですね。

で、このように少額の元手(¥448000)
でも大きな取引(10万ドル)ができると
いう点が、FXのすごいところですが、

次の疑問は、この場合、本当に

「¥448,000」を入金するだけで
よいかどうか? という話です。

結論からいうと、NGです。
その理由をこれから説明します。

前回、ドル円¥112で10万ドル
のロングをもちたい時に、
FX会社に入金すべき金額は、

以下の計算式で求めました。

FX会社に入金すべき金額:
¥11,200,000 ÷ 25(レバレッジ
25)=¥448,000

で、この¥448,000はFX会社に差し出す
「担保」であり、

FX会社は、この「担保=証拠金」を元に
¥11,200,000を貸してくれる、ということ
を書きました。

ここで、「¥448000を入金するだけで
本当によいか?」を理解するために
実際の取引をイメージしてみましょう。

例えば、僕がドル円¥112.00で10万ドルの
ロングポジションをもち、

不幸なことに、

ドル円が上昇せずに¥111.80まで
20PIPS下落したとします。

当然、損失ですよね。

どのくらいの損かというと、以下の
計算式でわかります。

¥111.80X10万ドル=¥11,180,000   -
¥112.00 X10万ドル=¥11,200,000

=△¥20,000

で、この場合、FX会社に差し出している
証拠金(担保)は¥448,000なので

この¥20,000という損失は、当然
¥448,000から差し引かれます。

なので、¥448,000という証拠金は、
「実質的」には¥428,000になるという
ことです。

とすると、FX会社としては何らかの
措置をとる必要があるわけですね。

なぜかというと「担保割れ」が起きて
いるからです。

よって、FX会社は「僕がそれ以上の
損失をするのを防ぐために」取引を
「強制停止」します。

具体的には、

ドル円112.00、10万ドル、ロングの
ポジションは「自動的」に決済
され(=売り)、

証拠金の残りのお金=¥428,000
は僕に戻ってきます。

これが、FX会社でいうところの
「強制ロスカット」というやつです。

で、上記については、話をわかりやすく
するために、△20PIPS下落した
場合の例を書きましたが、

実際は、

¥112.00から数PIPS下落したとしても、
すぐに「強制ロスカット」されます。

なぜかというと、FXでは「スプレッド」
とう、買値と売値の間の「差=FX会社の
利益」が存在するからです。

*参考 「外為どっとこむ」のドル円
    スプレッドは、0.3PIPS

           買いレート:¥112.000
         売りレート:¥119.997

ここまでの話をまとめます。

FXでポジションをもつのに必要な「証拠金
ぴったりの入金」では、

数PIPS、ポジションと逆の方向に動いた
だけて強制ロスカットされる。

FXでポジションをもった場合、逆の方向に
数PIPSも動かずに「100%のタイミング」で
トレードする、なんてできるわけない
ですよね。

なので、昨日の記事の最後で書いた
「証拠金ぴったりの入金」では、

トレードはできても儲からないってこういう
意味です。

で、話をさらに進めると、

証拠金ぴったりの入金でトレードする人って
あまりいないと思います。

ただ、ぴったりではなくても「証拠金
ぎりぎり」でトレードする人って、

世の中にはけっこう多いのかもしれません。

で、そういう人は、残念ながらレバレッジの
意味を取り違えています。

というのは、「元手がすくなくできる」と
いうことを「元手が少なくてよい」と間違って
解釈しているから。

皆さん方は、この記事を読んで、

FXの取引の「損益」を決めるのは証拠金ではなく
「取引量=ロット」だということがおわかりに
なったと思います。

¥112で10万ドルの買いポジションをもつのに
証拠金が¥448,000であっても、

損益を決めるのは、あくまで「取引量(この場合
だと10万ドル)」です。

詰まるところ、レバレッジというのは、「資本の
効率化」の手段でしかありません。

レバレッジにより元手がすくなくできても、
損益を決めるのは、レバレッジにより
「大きくなった、取引量」です。

よって、

損失することが前提となっているFX取引
では、

証拠金〈 入金

の関係に「ある程度の余裕」を
もたせる必要があるということですね。

では、次は、

実際「いくら口座に入金すればよいか
?」ということにつき書きます!

ではまた明日!

 

 - FXベーシック知識