「スキマ時間」で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ資産運用型FXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

FXで重要なのは「シナリオ作り」。あなたのシナリオは勝つ計画? 負ける計画?

      2016/08/08

みなさん、こんにちは!

EDGEコミュニケーションの富盛です。
お世話になっております。

 

FXの本とかブログを読むと、よくシナリオが
大事と書かれていると思いますが、あなたは

なぜ、シナリオをつくることが重要だと思いますか?

僕も今では、トレードをする前にシナリオを
立てるというのは常識みたいになっていますが

FXをやりたての方とお話しをすると、シナリオ
作りの大切さについて理解のGAPが大きいことを
感じます。

僕が思うに、FXを始めたばかりの方の「勝つ」と
いうことの発想は「値動きを追う」ことにあると
考えています。

よりカンタンにいうならば、パッとチャートを
開いて、為替の動きについていって勝とうとする
ことです。

上昇するのであれば、ロングでついていき、
下落するのであれば、ショートでついていく。。

という感じで。

ただこの発想だと、上昇でロングでついていっても
急に下がったり、また下落でショートでついて
いっても急に反発したりと。

こういうのって、誰もが経験のあることだと
思います。

ここで覚えておく必要があるのは、「為替の動き
というのは単純ではない」ということです。

これ、さらっと言ってますが、

FXで勝ちたいのであれば、

絶対に覚えるべき事実です。

為替の動きは、要人発言、経済指標・イベント、
また需給関係、株・先物の動きなどなど

多くの事象に影響されます。

なので、英国の経済指標が良くてもロンドン株が
下がっていればポンドは売られることもあるし、

また一方で、同じ状況でもポンドは買われる
こともあります。(株安よりも、良好な経済
指標の結果を市場が好評価するとき)

このように、同じ状況でも市場参加者
(ポンド円をトレードする人たちの全体)の
「考え方」により、為替の動きはまちまちに
なりますので、

上昇していたが急反落し、また逆に下落して
いたが急反発した、なーんてことがよく起こります。

とすると、このような複雑怪奇な為替の動きを
追ってトレードするというのは、

とても難しいわけです。

では、どのようにトレードすればよいのか
ということになりますが

それが、「シナリオをつくり自分の勝ち
パターンになればトレードする」ということです。

ここで重要なのは、

「為替の動きを追うのではなく待つ」

ということです。

追っても為替の動きはつかめるものではないので、
それはあきらめて
自分でわな(勝ちパターン)を仕掛けます。

そのわな(勝ちパターン)に為替の動きが
はまるのであれば、その時にトレードする
という事。

それが、

「シナリオ作り=どのようなわなを仕掛けるか?」

ということになります。

FXの勝ちは、トレードする前にどのような
精度の高いわな(シナリオ)をしかけるかに、

かかっているということを是非覚えて
おいてください~!

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 - FX メンタル, FXトレードの思考, FXルール, FX中級者