「スキマ時間」で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ資産運用型FXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

FXで勝つテクニックはどれほど重要か?

      2015/12/14

みなさん、こんにちは!

EDGEコミュニケーションの富盛です。

 

さて、勝つテクニックはどれほど
重要なのでしょうか?

テクニックは手法とも呼ばれており、
カンタンにいうと「どこで買ったり
売ったりすればよいか」を知ること!

というのが世間一般のイメージで、
今ちまたではたくさんありますよね。

でも、実はテクニックって極めても
あまり意味がないことを理解している人
って案外少ないのでは?と考えています。

例をあげます。

ドル円 120円で買い121円で売れば,1円の
勝ちです。この場合、FXでは「1円の勝ち」を
「100PIPS(ピプス)勝った」と言います。

その場合、100PIPSというのは実際に儲かった
金額ではなくドル円の動いた幅になります。

 

よって,勝ちPIPSに「通貨量」を掛け合わせた
ものが、実際に儲かったお金になります。

 
具体的にいうと100PIPSの勝ちだと。。

$1000だと     1000円
$10000だと    10000円
$100000だと   100000円

以上が実際に儲かったお金の金額になります。

とすると、勝ちPIPSをいくら貯めようが
通貨の量がある程度ないと、全然もうから
ない~という事がわかると思います。

仮にドル円で1000PIPS 勝っても
$1000だと結局もうかった金額は

たったの10000円。。ということになるわけ
ですね。

FXで重要なことは

あなたは勝ちPIPSを求めることに頭を使う
のではなく、お金を稼ぐことに頭を使う必要
があるということです。

勝ちPIPSは求めすぎると自分の得意ではない
相場でもトレードしてしまい、結果 稼いだ
お金を減らしてしまいます。

でも,勝ちPIPSではなく「お金を稼ぎ
さらには減らさないようにする」ことに重きを
置くと

自分の得意な相場のみトレードし、不得意な相場
ではトレードしないという考え方に自然になります。

なぜかというと、不得意な相場ではお金
を失う可能性が高くなるからです。

あなたがFXをする目的は、お金を稼ぐことで
あり勝ちを常に求めることではありません。

勝っても負けても最終的にお金が増えればいい
のであり、勝ちのテクニックを極めることが
重要ではないのです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 - FXトレードの思考, FXルール, FX中級者