「スキマ時間」で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ資産運用型FXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

知識と分析だけでFXは勝てない。勝敗を決める“目に見えないもう一つの力”とは

      2016/08/11

皆さん、こんにちは!
EDGEコミュニケーションの富盛です。

さて、今日は、ポジションを持っている時の
過ごし方についてのお話しです。
どんな気持ちで、どんな過ごし方をするかが勝敗を分ける!  
と断言できるほど、実は重要な時間なのです。

・ポジションを持っている間、ずっとチャートを見続けている。
・気になって落ち着かないから、5分おきに見てしまう。
・後から「なぜ、あそこで利益確定してしまったんだろう?」と後悔する。

あなたには、こんな傾向がありませんか?

実は、こんな「気になって落ち着かない」気持ちこそ最後の敵。
この時間の過ごし方をコントロールできれば、
<勝ち>はもう目の前なのです。

なぜなら、失敗の原因の多くは、
自分の不安や焦りなどネガティブな感情に負けて、
ついやってしまう<判断ミス>だから。

僕も、何度もやってしまいました。
失敗すると、腹が立つやら、情けないやらで、
なかったことにしたいものです。(笑)
ですが、やっぱりここで大事なのは、
きちんと自分の失敗と向き合うこと、なんですよね。

・そもそも原因は何だったのか? 
・なぜ、あの時、あんな判断をしたのか? 
・同じことを繰り返さないためにはどうすればいい?  と。

僕の場合は、分析力は上がってきていました。
考え方も間違ってなかった。
でも、「ネガティブな感情に負けてしまう」。 
そこが弱点でもあり、勝敗の分岐点でした。

これって、FXに限らないと思いませんか?

慌てて行動して、準備不足で失敗したり。
不安に負けて、要らないものを買ってしまったり。
焦って好きな子に告白して、ドン引きされたり。

誰だってこんなことやめたいものですが、
いくら学んでも、いくら知識を得ても、
結果につながらなくて、後悔を繰り返すのは、
感情を制覇できていないから、と言えるのです。

FXの場合、ポジションを持っているときほど、
感情は揺れ動きます。
常に自分の「お金」の増減に関わるのですから、
当然のことでしょう。
だからこそ、自分の心の動きをしっかり把握し、
感情を排してトレードすることが成功の秘訣。
なぜなら、
冷静な頭で考えた正しい分析とシナリオ通りに
トレードができるようになるからです。

今まで磨いてきた「分析力」が活きる! というワケですね。

そのためにも、

自分が今からするENTRYは、
焦りや口惜しさといった感情による判断なのか?
正しい分析とシナリオにもとづいた判断なのか?
ENTRYする前に、立ち止まって確認する心の力が要るのです。

僕のスクールでは、「知識」や「分析」だけでなく、
こういった「感情」の話もしていきます。
「知識」「方法」「感情コントロール」の3つを制覇すれば、
上手くいかない方がおかしい。(笑)
それぐらい自信がありますよ!

では、今日はここまでにしておきましょう。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 - FXトレードの思考, FXルール, FX中級者, FX時間管理