忙しい会社員・経営者のための「1日30分で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ」ブレインープログラミングFXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

脳科学・心理学をベースに、トレードでの勝ちパターンを「習慣化し」、 「考えず」に、お金稼ぎができるFX

FXで勝つためのシンプルでわかりやすいチャートの見方~その②

      2015/12/14

 

皆さん、こんにちは!

EDGE コミュニケーションの富盛です。

 

最近、昼間と夜の寒暖の差が激しい

ですね。。着るモノに迷います。あせる

 

今日は「シンプルでわかりやすい

チャートの見方~その②」です。

 

下記のチャートは、ポンド円の日足

チャートです。

 

このチャートでは、移動平均線とローソク

足、又 トレンドライン(オレンジの斜め

線)が見えます。

 

移動平均線の設定は以下です。

青     :5日移動平均線

赤     :20日移動平均線

オレンジ :50日移動平均線

 

さあ、あなたなら本日はどのような

シナリオを立てますか?



 まずは、前回(11月21日)でもやった

ように

 

チャート上で示されている「事実」から。

 ① 移動平均線の中・長期線が上向き

 ② 移動平均線の短期線が横ばい~

   チョイ上向き

 ③ ローソク足は、この1週間ほど

   陰線・陽線が交互の表れている。

 ④ トレンドラインはまだ有効。

 

で、次に①~④までの「事実」が、どの

ような「情報」を与えてくれるかというと。。

 

 ① 移動平均線の中・長期線が上向き

 ⇒ 中・長期的にはトレンドの上昇は継続。

 ② 移動平均線の短期線が横ばい~

   チョイ上向き

 ⇒ 短期的には「売り」と「買い」が

    拮抗しているが、今日は買いが強ま

    っている。

  

 ③ ローソク足は、この1週間ほど

   陰線・陽線が交互に表れている。

 ⇒ 短期的には「売り」と「買い」が

   拮抗している。

  

 ④ トレンドラインはまだ有効。

 ⇒ 中・長期的にはトレンドの上昇は継続。

 ①~④までの「情報」をまとめると、

 「中・長期的にはトレンドは上向きだが、

  短期的には方向感が出てない=

  もみあいになっている。

  だが、今日は買いが強まっている」

  といったところでしょうか?

 

さて、「今日、どうするか?」という事

が問題ですので、上記で「今日は買いが

強まっている」という情報は見逃せません。

なぜかというと、「今日の買いの強まり

=上昇」は、中・長期のトレンド=

上昇と一致するからです。

 

「中・長期のトレンドと今日のトレンドは

同じかも?」と考えれば、今日はロング

でいけば勝てる気がしてきませんか?

 

日足のデイトレ~スイングトレードで

あれば、まずはここまできちんとやる

必要があります。

ここまできちんと日足の「情報」が

読み取れていれば、勝つ確率は

圧倒的に高くなります。

無論、ここでの「勝つ」とは、利益確定

まできちっとできて始めて「勝つ」と言

えるので

 

今日のこの記事だけでは、まだまだ

「勝ち」にはいたりません。

具体的には、日足で相場の方向を確認し

、方向がある程度 明確な時に次は時間足で

ENTRY POINTを探します。

その詳細な記事はまた今度にします。


今日はこの辺で。

 

最後までお読み頂き、あり

がとうございました!

 

 - FX テクニカル, FX中級者, FX初心者