忙しい会社員・経営者のための「1日30分で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐ」ブレインープログラミングFXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

脳科学・心理学をベースに、トレードでの勝ちパターンを「習慣化し」、 「考えず」に、お金稼ぎができるFX

FXで稼げないのは「潜在意識」のせい?

   

富盛です。

もしあなたが、ロットを上げるには
ただ単に「技術レベルが向上すれば
よい」と考えているのあれば、

ぜひ 以下の記事をお読みください。

あなたが、ロットを上げていくには
実はある重要な「マインドセット」
が必要になります。

~以下、スクール受講生様~

今日は同じ手法を学んでも「稼ぐ金額」に
差が出る理由とは?の続きです。

昨日のメールは↓からご参照ください。

http://officelevert.jp/?p=1229

最初に昨日のメールのカンタンな
まとめを以下、したいと思います。

■FXの損益は、「PIPS X ロット」で
 決まる。
      ↓

■ロットは、まず「FXにどれだけの
 余剰資金を入れるか?」を決める
 必要がある。

 その点は、100% 個人の「意志」
 *2%ルールのようなものはない

      ↓
■FXでどれくらいのお金を稼ぎたいか
 でどのくらいの余剰資金を入れる
 かが決める。

で、こういう筋書きまで行き、次の
ステップは、

では「どの段階でロットを上げれば
よいか?」という問題です。

ロットを上げるトリガー(きっかけ)
のかんたんな考え方は、

自分の腕前が上がれば!という事
ですが、これがなかなかやっかい
です。

というのは、腕前(技術レベル)を
表す統一的な考えはなく、

そこは個人によって「腕前が上が
った」基準は異なるからです。

*詳細は昨日のメールをご参照
 ください。
 http://officelevert.jp/?p=1229

とすると、ロットを上げる基準
というのは実は明確なものは
なく、

必要なのは「自分を信頼し、
リスクをとって勝負にいく
というマインド」

というところまでを昨日、書いた
わけですね。

では次に、そのような「リスク・
マインド」をどのようにして
持ちえるか?という話になります
が、

その前に「リスク・マインド」を
もう少し具体的に説明します。

実は、FXでちゃんと稼いでいる
人のマインドには次の3つの
タイプがあります。

・経営者
・投資家
・プロトレーダー

一発ではなく継続的・安定的に稼いで
いる人のマインドは、必ずこの
3タイプに分類され、そこに例外は
ありません。

名前は出すのは控えますが、スクール
でもちゃんと稼いでいる人は、この内の
どれかのマインドをもっています。

又、名前を出してもよい範囲であれば、
○○講師や△△講師は「プロトレーダー」
のマインドをもっており、

私は「プロトレーダー」以外には
「経営者」というマインドをもって
います。

このマインドの共通項は、

「不確実な世界に対し、自分を信頼
し、どのような結果がでようとも
自分で責任をとり、お金を
投じることができるかどうか」

ということです。

このマインドをFX以外の別の
分野で表現する場合、

それは「勝負師」ということ
ですね。

具体的に職業で挙げると、

経営者
プロスポーツ選手
芸能人(ジャンルにもよりますが。。)
棋士
雀士
などなど

対象が「相場」から変わるだけで、
どの世界も、

「一寸先はわからず、頼れるのは
己のみ」という事に変わりはあり
ません。

一方で、このような「一寸先
はわからず」の世界から
遠く離れており、

その世界をイメージしにくいのが、
公務員や会社員の方々です。

なぜかというと、その世界では
ある程度「安定」が保証されており

「一寸先は見えている」からです。

で、「一寸先が見えて」いて「成果が出て
いなくても自動的にお金が振り込まれる」
という世界に慣れていると、

FXの世界、

すなわち「一寸先の見えない世界」にお金を
投じることは「心理的」に難しくなって
きます。

しかも「顕在意識」ではなく「なんとなく
自信がない、怖い」という「潜在意識」
のレベルなので、

そのことを本人は「自覚」してません。

そして、「自分がロットを上げられない
のは技術に問題がある」との誤った
認識により、

技術(PIPS)のみを追い求め、結局
お金は稼げない。。。というのが、

実は「FXを何年も勉強しているが
稼げない」という人の本当の理由です。

よって、今「一寸先が見えている」
世界にいる方は、

「自分は○○会社の社員である」と
いうセルフイメージ以外に、

FXトレード向けに、

「自分はリスク・マインドをもつ、
勝負師だ!」というセルフイメージを
もつ必要があります。

なので、みなさんにはFXでがっつり稼いで
頂きたいので

今後は、技術の向上に加えて、

・経営者
・投資家
・プロトレーダー

のいずれかのセルフイメージを
もっていただきたいと思います。

ただ、この3つのセルフイメージ
の内、経営者や投資家というのは
環境要因もあり、イメージしにくい
ので、

みなさまには全員「プロトレーダー」

、しかも「幸せなFXトレーダー」の
セルフイメージをもっていただきたい
と思います。

で、このセルフイメージは「顕在意識」
で「自分は○○トレーダーだ!」と
考えても意味がなく、

なぜかというと、人間の意識の99%以上
を占める「潜在意識」は全力で、

「いいや、あなたはトレーダーではなく
、肝心なところで勝負ができないただの
普通の人だよ~!」

と否定をしにかかるからです。

よって「潜在意識」にどのようにして
「幸せなFXトレーダー」を刷り込ま
せるかが、

むちゃくちゃ重要になってくるわけ
ですね。

この話、けっこう奥深くかつ「目に見え
ない」お話なので、まだピンと来てない
方もいると思います。

なんで「目に見えない話」により、
FXのメディア情報では、ほぼ語られる
ところが無いわけですね。

ただ、セルフイメージ=潜在意識を
変えれば、成果はすごい!というのは

FX以外の能力開発・自己啓発系
では「当たり前」の話なんですね。

では、このセルフイメージの具体的な
刷り込み方法は、次のメールで具体的に
お話しします。

ではまた来週~!

 - 脳科学FX