一人社長のための「スキマ時間」で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐFXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

午前中にポンド円で+160pips !! 20160706

   

忙しい会社員のためのFXスクール
EDGEコミュニケーション代表の富盛です。

昨日からポンドのショート・トレード
がやりやすくなってきました。

僕はポンドドル・ポンド円のうち、
ドル円の下げの相乗効果も考慮し、

ポンド円でやっていますが、

昨日は+40pips,今日の午前中は+160
pipsで、今のところ 計+200pipsです。

ポンド円トレードが「やりやすい」と
いうのは、チャートのわかりやすさに加え
「市場がポンドを売る理由」が出てきたと
いう点があります。

*ポンド円日足・4hチャートを
 クリックしてください。
     ↓

https://goo.gl/oB3g2u

「市場がポンドを売る理由」というのが
先週から話が出始めている、

BOE ( Briish of England:イギリスの
中央銀行)の追加緩和。

追加緩和というのは、「中央銀行
が、自国のマネーを銀行を通して
大量に民間に供給し、景気を底上げ
する」行為で、

平たく言うと、

「世の中のお金の流れをよくし、景気
の底上げを図る」行為でイメージして
よいと思います。

追加緩和は「景気の底上げ」が目的なので、
株価は「景気の底上げ」期待に反応し、
上昇します。

イギリスEU離脱決定後の先週から、
イギリスの株価 FT指数が上昇している
のはそのためです。

↓ FT指数の株価です。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/data/ftse.html

一方で、追加緩和は「ポンドを市中に大量に
ばらまく」ので、需要と供給の法則により、
ポンドの価値は下がります。

よって、ポンドは売られます。

市場は、このBOEの追加緩和の時期を今月
から来月にかけてと見込んでいるようなので

↓「BOEの夏の利下げを織り込む、ポンド安」
  という記事をみてください。

http://zai.diamond.jp/list/fxnews/backnumber?date=20160706&page=2&serial=10937

今月~来月8月4日(BOE会合日)くらいまで、
ポンドショートのチャンスは続きそうです。

では、ポンド円についていうと、どこまで
下がるかということですが、

目立った節目(サポートライン)は120円
あたりのようです。

↓ ポンド円月足・日足チャートを
  クリックしてください。

https://goo.gl/5zSFz3

もしまだ、あなたがポンドトレードで

利益を上げられてなくても

チャンスはまだありますので、引き続き
ポンドの動きはCHECKしてくださいね~!

ではまた明日~!

来月のFXセミナー情報は ↓をクリックしてください。少人数でがっつりやります!

大人気のセミナーなので、早めのお申込みをしてください!

http://officelevert.jp/%e4%bb%8a%e6%9c%88%e3%81%aefx%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e6%83%85%e5%a0%b1%ef%bc%81/

 

 

 - 今日の相場