受講生サポートNo1のFXスクールEDGEコミュニケーション

FX投資が初めての方、ご安心ください! 成果が出るまで最後までフォローします!

スクールのカリキュラムの御案内

「ここでしか学べない」独自のカリキュラム!

EDGEコミュニケーションは、受講生が「確実に成果を出す」ための「体系的」なカリキュラム作りに日夜、研鑽を積み重ねています。

 

そのカリキュラムは、「忙しい方でも楽しく学習が継続できるよう」、「脳科学+心理学」の知見に基づいて構成されています。

kioku0331_72dpi

 

人は、普通、1回学んだだけでは覚えません。その段階では、学んだ情報は「短期記憶」として一時保存されるのみです。

 

その「短期記憶」が、忘れにくい「長期記憶」に変わるためには、何度も復習を繰り返す必要があります。

 

スクールのカリキュラムでは、この「短期記憶→長期記憶」を確実にするために、

 

講義 →E-ラーニング→勉強会→E-ラーニング→講義→勉強会。。というサイクルが繰り返されています。

 

講義で理論を学ぶ!

まずは、月末に受講生は「講義」に参加します。講義は「通学」と「オンライン」に分かれます。

スクリーンショット (387)

 

講義では、受講生は「理論」を学びます。

 

この「理論」を学ぶというのが、実はFXで成果を出すためにはとても大切です。その理論とは、一言でいえば、「利益を安定的に出すことのできる決まった売買パターン」です。

 

この「決まった売買パターン」があるからこそ、FXで生涯、稼ぐことが可能になります。「決まった売買パターンがある」とは、「再現性がある」とも言い換えられます。

 

講義では、この「再現性のあるパターン」を座学と「ワーク」を通じて学びます。

 

勉強会で理論を実践した後の「復習」をします!

講義で学んだ「再現性のある売買パターン」は、自分で実践しない限り、覚えることはできません。

 

 

受講生は、そのパターンを相場で自分で実践してみます。

 

 

当然、すぐに100%はうまくできないので、課題や不明点・疑問が残ります。そのような「もやもや」を勉強会で解決します。

スクリーンショット (389)

 

以上の「講義+勉強会」は、学校でいうところの「授業」です。ですが、「授業」で出るだけでは、当然覚えるのに時間がかかります。

 

なので、受講生の「記憶」をより確実にするために、講義ー勉強会の間に、「E-ラーニング」という「自学学習」を取り入れています。

 

 

E-ラーニングは、基本、毎週1回で、月3回から4回の配信です。

 

スクールの「FXで利益を出す考え方」は、「正しい知識・考え方」を学んだ結果として、お金が来る、です。

 

 

よって「正解がない」と言われるFXであえて「正解」をつくることで受講生による「正しい知識の記憶の強化」に努めています。

 

以下、E-ラーニングの問題例です。

 

スクリーンショット (377)
スクリーンショット (378)

 

以上のような問題が、毎週木曜日20時に、毎回2題、メール配信されます。

 

 

内容はベーシックコースの受講生には、基礎理論に基づくもの、アドバンスコースの受講生には、その時その時の相場状況に応じた「リアル」な問題が出題されます。

 

 

受講生は、メール開封後、基本、「15分以内の返信」が求められます。資料の閲覧は禁止で「直観」のみです。資料閲覧での解答は、受講生の「わかっていない点」が不明瞭になるからです。

 

以下、受講生解答例です。
            ↓

スクリーンショット (379)

 

受講生からの解答メールに対し、スクールからの解答メールが自動返信されます。

 

スクールからの解答例(正解)

スクリーンショット (388)

 

 

スクリーンショット (380)

公開日:
最終更新日:2019/08/06