一人社長のための「スキマ時間」で年利30%以上を生涯安定的に稼ぐFXを教えるスクール EDGEコミュニケーション

お金を投資のプロに預けることの限界?

   

忙しい会社員・経営者のための
「空き時間で100万を10年で
1000万円にする」
ライフタイムFXを教えるスクール
代表の富盛です。

 

今 今後のスクール運営のため、
ファンドや投資系のセミナーにいろいろ
行って覆面で調査をしています。

投資経験ゼロということにしてるので、
質問もマニアックにならないよう
気をつけています。(笑)

昨日は、独立系長期投信の老舗「さわかみ
ファンド」というところの勉強会に
行ってきました。

HPは↓から。

https://www.sawakami.co.jp/

この会社の経営理念や一般の個人投資家
への思いは素晴らしく、とても勉強に
なりました。

さわかみファンド、17年の歴史で、
顧客数は11万ということから、
いかに世の中にファンが多い
かということですよね。

また、17年での運用実績上でも、
年利4.7%というところなので、悪く
ないです。

でも、参加者でちょっと気になった発言を
する方がいました。

50代後半とおぼしき会社員の方ですが、

「これまでは10年運用してて、資金は
2倍になった。でも今後は給料も下がるし、
年金もあまり期待できない。今後は
どのくらいの期間で投資をすればよいか?」

この質問に対しては、さわかみさんからは
「10年以上が投資効果があるから、それ
くらいがよい」との回答でしたが。。

この会話を聞き、自分は「ここが
プロに預けることの限界かな」と感じ
ました。

自分なりに、この男性の心理を考えて
みたのですが、こういうことかな
と思いました。

資金は確かに2倍になった。でも、
余裕がある暮らしをするには、
まだまだ。
       ↓
給料も減り、年金も少ないという
不安がある
      ↓

今後の人生の時間を考えると、
 「長期」の投資とはどのくらいの
時間なのか?

これは確かになかなか微妙な
話です。

仮にこの男性が55歳で、運用に
500万を回せるとします。

その場合、年利4.7%だと、
72の法則より、

500万が、2倍の1000万に
なるのに、

72÷4.7=15年です。

その時の年齢は、55歳+15歳
=70歳で、増えた利益は500万。。

なにもせずに、500万の利益が
15年で手に入るのは、それは
それでよいのかもしれません。

だが「15年」という長い年月
については、どう考えれば
よいのか?

正直、自分には「?」です。

自分は、お金よりも「時間」が
最も重要と考えています。

人の限界のリミットは「お金」
ではなく「時間」にあると
考えているので、

500万をなるべく「早めに稼ぐ
にはどうすればよいのか?」
という思考になります。

とすれば、FXのほうがより
効果的なのは自明の理で、

それも「正しい知識」を
「正しい順番」で学べば、
年利30%というもの

ごく当たり前のものに
なり、

また「プロの力」を借りずとも
自力でずっと稼いでいく
ことができるのに。。

なんてことをつらつらと昨日は
考え、

「FXの正しい学び方」を、もっと
世の中に普及させたい!と思った
次第です。

今日は少し熱く語ってしまいました。
(笑)

また明日!

PS: 今月のセミナー情報!

 ■初心者歓迎 会社員だからこそ出来る
「30年後も使える」FXセミナ-~是非見て
ください。FXを一生の財産にする考え方を
伝えます~

・7月8日(土) 13時ー15時、残席3名
http://www.seminarjyoho.com/course_show_272375.html

・7月12日(水) 19時-21時、残席4名
http://www.seminarjyoho.com/course_show_272514.html

■経営者・個人事業主のための「疲れないFXの稼ぎ
方」を知ることで、1日30分で年利30%を生涯楽に
稼ぐFXセミナー

 ・7月15日(土) 13時ー15時、残席3名
http://www.seminarjyoho.com/course_show_272332.html

・7月19日(水) 19時ー21時 残席4名
http://www.seminarjyoho.com/course_show_272515.html

 

 - スクール紹介